結婚したい人の会話法

ウーマン

相手と仲良くなるコツ

結婚相手を見つけるために合コンに参加しようとする人は多いと思います。しかし意中の人を見つけて話しかけても、会話が盛り上がらず仲良くなれないかもしれません。そんな時には「さしすせそ」のコツがあります。この会話法を使って相手との距離を縮めましょう。この「さしすせそ」はある言葉の頭文字をつなげたものです。それぞれの言葉の共通点は相手に共感する、あるいは相手を褒めるというものです。自分に共感してくれている、自分を褒めてくれていると感じた相手はあなたに親近感を持ち、二人の距離を縮めようとしてきます。「さしすせそ」のはじめの言葉は「さすがですね」の意味です。合コン以外の会話でも相手に「さすがですね」と褒められれば得意な気分になります。もし相手が仕事の話や趣味の話をしてきたら相づちにこの言葉を使いましょう。すると言われた方は褒められていると感じて気分良く話を続けることができ、またあなたに好印象を抱きます。次の意味は「知らなかったです」という意味で、意中の人がトレビアなどの小話をしてきたときの相づちに使います。これは「知らなかったです、教えてください」というニュアンスがあり、相手の知識を褒めると同時に会話を長続きさせる方法です。「すごいですね」は相手を褒めつつ共感していることをアピールする言葉です。自分に共感してくれている感じた合コン相手は、距離を縮めてより仲良くなろうとするでしょう。「センス良いですね」は、これも共感していることをアピールする言葉です。また会話のきっかけにもなる言葉なので、合コンで気になる人がいたら使ってみるとよいでしょう。「さしすせそ」の最後は「そうなんですか」です。これは共感すると同時に相づちを打つことで、相手の話を聞いているというアピールになります。この相づちを受けた相手は、ちゃんと話を聞いてくれているんだと思い、あなたに好印象を抱くでしょう。

Copyright© 2017 アラフォーで婚活を成功させる方法とは|ポイントを徹底解説 All Rights Reserved.